So-net無料ブログ作成
検索選択

メーカー製無料ライティングソフト [Tool]

PowerDVDで有名なcyberlink社製のライティングソフトです。
一般的基本機能は全て無料でずっと利用できます。
メーカー製パソコンだと古いバージョンがプレインストールされている場合もあります。
Power2Go 10 Essentialの無償ダウンロード
http://jp.cyberlink.com/downloads/trials/power2go-platinum/download_ja_JP.html
主な機能
・CD/DVD/BD対応
・データーディスク作成
・ISO作成・書き込み
・音楽CD作成
・ディスクコピー
必要十分な機能が利用できます。
15日間限定ですが、プレミアムの機能も利用できます。
気に入ったらアップグレードするのもありでしょう。

tftpd32とtftpd64 [Tool]

 
最終更新日:2015/06/28



スポンサーリンク


tftpd32とは?
TFTP server
TFTP client
BOOTP/DHCP Server
SNTP server
DNS server
SYSLOG server
の機能を兼ね備えたフリーソフトです。

公式HP
http://tftpd32.jounin.net

前提条件:
「C:\TFTPD」に環境を構築する。
「C:\PE31_32\ISO」はWindows PEのカスタマイズ(PE3.1基本編)や各応用編
http://urawaza-manual.blog.so-net.ne.jp/2015-04-21
を参照して作成されており、「C:\PE31_32\ISO\sources」には「boot.wim」が作成済みである。
「C:\PE31_32\ISO」を全て「C:\TFTPD」にコピーして「C:\TFTPD\ISO」とする。
boot.wimをマウントして「C:\PE31_32\mount\Windows\Boot\PXE」より「bootmgr.exe」と「pxeboot.n12」を「C:\TFTPD\ISO\boot」へコピーしてある。

ダウンロード方法
1.http://www.jounin.net/tftpd32_download.html より
6 May 2015 17 years edition 4.5.2
フォーラム
http://reboot.pro/forum/58-read/
公式ページからダウンロードできない場合ははこちらからも古いバージョンがダウンロードできます。
http://web.archive.org/web/20150316103850/http://tftpd32.jounin.net/tftpd32_download.html
最新版は4.5.2ですが、4.5.0までしか入手できません。
 OSのBit数確認方法
 http://urawaza-manual.blog.so-net.ne.jp/2015-04-15
 EXEを実行する予定のOSが
・32BitOSの場合
 tftpd32 standard edition (zip)
・64BitOSの場合
 tftpd64 standard edition (zip)
 OSのBit数に合わせて該当する方をクリックする。
インストール方法
2.ダウンロードした「tftpdxx.450.zip」から7-zipでファイルを「C:\TFTPD」へ抽出する。
xxはダウンロードしたファイルによって「32」か「64」になる。
前提条件より仮に抽出場所を「C:\TFTPD」とする。
設定方法
3.「tftpd32.exe」or「tftpd64.exe」を実行します。
4.「Server interfaces」で配信に利用するネットワークカードを選択します。
5.「Settings」をクリックして設定を行います。
6.「GLOBAL」タブで「TFTP Server」と「DHCP Server」のみ選択します。
7.「TFTP」タブの「Base Directory」では、「Browse」をクリックして「C:\TFTPD\ISO」を選択します。
8.「Advanced TFTP Options」では、「Option negotiation」「Show Progress bar」「Translate Unix file names」「Allow ‘\’ As virtual root」にチェックを入れます。
9.「DHCP」タブで「DHCP Pool definition」を設定します。
「IP pool start address」には配布する IP アドレスの開始アドレスを指定します。
 例:「192.168.1.2」
「Size of pool」には配布する IP アドレスの数を指定します。
 例:「4」
「Boot File」にはBIOS互換PC をPXE ブートさせるファイルを指定します。
 例:「pxeboot.n12」を利用する場合は、「boot\pxeboot.n12」
※これはF12キーを押さずにネットワーク起動する為のファイルです。
これを変更してあげることにより、様々なパターンで起動可能です。
10.「DHCP Options」
「Def. router (Opt 3)」:デフォルトゲートウェイを指定する。
例:「192.168.1.254」
「Mask (Opt 1)」サブネットマスクを指定します。
例:「255.255.255.0」

11.「DHCP Settings」は問題がなければこのままでよいが、私の場合は次の設定に変更しなければうまく動作しなかった。
「Ping adress before assignation」と「Double answer if relay detected」にチェックを入れる。
12.「OK」をクリックして設定保存してください。
うまく動作しない場合は、自分自身で設定を少しずつ変更しながら試してみてください。

設定情報は32Bitと64Bitで共通なので、どちらでも利用できます。
サーバーの役割を果たすPC上で実行しますが、ファイアウォール等が障害となりうまく動作しない可能性があります。
その為Windows PE環境上から実行するのが良いと思います。

※重要ポイント
・通信を妨害するソフトウェアを無効にする。
・EXEを妨害するソフトウェアを無効にする。
※不要なトラブルを避けるためにWindows PE上で実行するのが簡単です。
Windows PEのFW無効
http://urawaza-manual.blog.so-net.ne.jp/2015-04-21
・サーバーの役割を果たすPC(EXEを実行するPC)と、PXEブート(ネットワーク起動)させたいPCを、同じHUBやルーターもしくはクロスケーブルにて接続する。
・Windows PE上で実行する場合は、EXEを実行後「TFTP」タブの「Base Directory」の場所が変わっているはずなので修正する必要がある。
・サーバー用PC自身もIPアドレスを取得するので、「Size of pool」は必ず「2」以上に設定する。
・EXE実行後ネットワークカードにIPアドレスが割り振られたら、「Server interfaces」で選択する。



スポンサーリンク


ページTOPへ戻る
TOPへ戻る 前  次 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。