So-net無料ブログ作成
検索選択

BIOSとUEFI変更(Windows10) [Windows]

Windows10をアップグレードでインストールする場合は、元のOSがインストールされていた環境でのインストールとなります。
つまり、Windows7でBIOS互換モードでインストールされていた場合などは、Windows10もBIOS互換モードでの利用となります。
しかし、一度アップグレードが完了し、ハードウェア認証が済んでしまえば、「クリーンインストール」が可能です。
「クリーンインストール」はDVD起動やUSB起動による完全に初期状態からのインストール方法です。
そして、「ハードウェア」の構成を変更しなければクリーンインストール後も自動認証されます。
構成の変更と書きましたが、取り付けされているハードウェアを変更しなければ、設定は「変更しても良い」のです。
つまり、アップグレードの関係で「BIOS互換モード」でインストールしていたところを、クリーンインストール時に「UEFIモード」でインストールしなおすことが可能なのです。
古いOSと同居する必要性がなければ、動作モードを変更してクリーンインストールすることをお勧めします。
あるいは、動作モードを変更しなかったり、できなかったりした場合でも、きれいな状態から
利用できるのは気持ちが良いものです。
(慣れない方は、付属アプリの関係もあるのでお勧めいたしません。)
クリーンインストール時には、プロダクトキーの入力を求められますが、一度アップグレードインストールで認証済みであれば、「スキップ」で問題ありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。